狂犬病予防法と狂犬病

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡

犬のしつけ教室に通ったけど問題行動が改善されなかった…。 書籍や教材を買って勉強したけど、しつけに失敗した…。 このような方は、特に次のことを覚えておいて下さい。
続きはこちら

狂犬病とは

狂犬病というと犬だけの病気と勘違いするかたもいるかと思いますが、犬以外にも人間を含む全ての哺乳類に感染する怖い病気です。アメリカではコウモリからの感染が一番多いとも言われています。
噛んだ時の唾液からの感染のほか、傷口、目やくちびるなのお粘膜部分をなめられた場合にも感染する可能性があります。

 

日本では昭和25年に狂犬病予防法を定め、ワクチンの徹底や野犬の捕獲を行って昭和31年以降は狂犬病の発症報告はありません。

 

狂犬病清浄地域は、日本・オーストラリア・ニュージーランド英国(グレート・ブリテン及び北アイルランドに限る)・アイルランド・アイスランド・ノルウェー・スウェーデン・台湾・ハワイ・グァム・フィジー諸島等と非常に少なく、今でも年間3万人以上の死亡患者が出ているといわれています。

 

日本は検疫のシステムで海外からの輸入ペットは監視されていますが、密輸入の問題やロシアからの船に犬が乗っている場合もあることから、いつ狂犬病が入ってきてもおかしくないと言われています。

犬の登録

犬を飼ったら犬の登録を申請しなければならないと狂犬病予防法で定められています。
狂犬病がもしも発生した場合犬を管理する事が目的ですが、登録しない犬も少なくありません。
狂犬病予防法では、飼主は犬が家に来た日から30日以内に、(生後90日以内の子犬の場合は、生後90日を経過してから30日以内に) 最寄の市区町村長に犬の登録を申請しなければならないと定められています。
登録すると犬監察が交付され、鑑札は犬につけておかなければならないことも狂犬病予防法(第4条3) (罰則第27条1)

狂犬病の予防接種

若い愛犬に必要な保障が格安


Ads by Sitemix