犬のしつけ トレーニング

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡

犬のしつけ教室に通ったけど問題行動が改善されなかった…。 書籍や教材を買って勉強したけど、しつけに失敗した…。 このような方は、特に次のことを覚えておいて下さい。
続きはこちら

服従訓練について

服従訓練をする目的は、命令された事をきちんと守れる犬にする事です。
これは危険を回避したり、犬同士のトラブルを防ぐ意味もあります。

 

コマンドを出したら解除するまでその姿勢を保つ事はとても大切なのです。

 

服従訓練で特に練習したい項目

服従訓練について

停座(ていざ)

スワレ・おすわり・シット

招呼(しょうこ)

コイ・おいで・カム

脚即行進(きゃくそくこうしん)

ツケ・アトへ・ヒール

伏臥(ふくが)

フセ・ダウン・レイダウン

 


トレーニング(訓練)をする時に忘れてはいけないのが

忍耐・根気・愛情と一貫性です。

 

褒める時も、叱る時もタイミングが重要です。
また、楽しくトレーニングをしないと続きません。
毎日10分でいいので時々やるのではなく継続する事が大切です。
また、犬の集中力は長く続かないので1時間のトーレーニングよりも10分程度を毎日する方が効果的です。怒るのではなく、叱る。愛情をもって忍耐ですよ。

若い愛犬に必要な保障が格安

服従訓練(トレーニング)の心構え関連エントリー

アイコンタクト
犬のトレーニングはアイコンタクトを取れるようにすることが重要です。まずはおやつを見せて目を見るとおやつがもらえるということを教えます。
カーミングシグナル
カーミングシグナルとはノルウェーのトゥーリッド・ルーガス女史が研究して27個のシグナルに区別した犬のボディランゲージの事です。犬の気持ちを知って犬と話してみませんか

Ads by Sitemix