犬の服従訓練 トレーニング

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡

犬のしつけ教室に通ったけど問題行動が改善されなかった…。 書籍や教材を買って勉強したけど、しつけに失敗した…。 このような方は、特に次のことを覚えておいて下さい。
続きはこちら

服従訓練(トレーニング)エントリー一覧

服従訓練(トレーニング)の心構え
服従訓練をする目的は、命令された事をきちんと守れる犬にする事です。これは危険を回避したり、犬同士のトラブルを防ぐ意味もあります。コマンドを出したら解除するまでその姿勢を保つ事はとても大切なのです。服従訓練で特に練習したい項目停座(ていざ)スワレ・おすわり・シット招呼(しょうこ)コイ・おいで・カム脚即行進(きゃくそくこうしん)ツケ・アトへ・ヒール伏臥(ふくが)フセ・ダウン・レイダウントレーニング(訓練)をする時に忘れてはいけないのが忍耐・根気・愛情と一貫性です。褒める時も、叱る時もタイミングが重要...
アイコンタクト
あなたは犬のリーダーになれていますか?アイコンタクトは犬の気持ちをこちらに集中させる事です。名前を呼んでも無視されていたら要注意です。もしかしたら、いけないことをした時、叱るために『○○』と名前を呼んでいませんか?心当たりのある方は、いますぐこれをやめましょう。名前を呼んだら見るということは全てのトレーニングに必要になりますので、名前=良いことというのを教えることから始めましよう。
カーミングシグナル
カーミングシグナル(calming signal)とは直訳すると、落ち着きをもたらすシグナルのことです。カームには落ち着くと言う意味があります。無用な争いを避けたり感情や意志を伝える時にとるボディランゲージとも言えます。自分を落ち着かせるためにも使いますし、相手に『落ち着きなさい』と使うこともありますが、全ての犬がこれを使いこなしているかというとそうでもないのです。自分でカーミングシグナルを出せない犬は、相手がシグナルを出していても理解できないこともあります。最近の犬にはこのような「犬どうしの付...

若い愛犬に必要な保障が格安


Ads by Sitemix