ペット保険の仕組みと医療費の相場

ペット保険の仕組みと相場

ペット保険の仕組みは各社色々と特徴を出しているので、比較するだけでも大変です。

 

ペット保険に加入する時は、保障内容をよく比較してみましょう。
掛け金の比較も大切ですが、各社の保障内容の違いを知っておく事が大切です。

 

ペット保険の仕組み

会計時に医療費が割引になるタイプ

アニコム(どうぶつ健保)に代表されるペット保険です。会計の時に払う金額が軽減されます。かかった治療費の50%負担のようなかたちになります。

 

後日申請すると一定額が還付されるタイプ

アリアンツのペット保険や日本アニマル倶楽部(プリズム)などは、後日申請しますと、口座に振り込みがあります。プリズムは通院1日あたり、5,000?10,000円まで(コースによる)は全額負担してくれます。

ペット保険に加入できるペットの種類

ペット保険の保障対象はは犬と猫が主になります。
鳥やフェレット、ハムスター、りす、うさぎなどは加入できるものもありますが、ペット保険によって取り扱いが異なります。

 

ペット保険の年齢制限

ペット保険に加入できる年齢制限は、人間と一緒で高齢になると難しくなります。保険会社によって大きく異なりますが、犬・猫の場合では、8歳?11歳くらいまでというのが一般的です。

 

ペット保険の保障内容

ペット保険に加入する場合には保険内容の確認が大切です。ペット(犬や猫)がよく病院にかかる症状でも、ペット保険の保障外のことも多いです。病院で診察・治療・投薬を受けて、保険が効くと思っていても保障の範囲外だった・・・ということもあります。

 

犬や猫によくある下痢、嘔吐、皮膚病、外耳炎、口内炎、寄生虫などの症状は、いずれも多くのペット保険で保障対象になります。しかし、その予防に関しては、保障されないのが通常です。

 

ペットにかかる医療費と保険の相場

ペットにかかる医療費は年々上昇傾向にあります。

 

動物病院に支払った医療費の平均は犬が年間5万円

 猫は年間3万円というデータもあります。(ペットの種類、ペットの健康状態、かかっている動物病院によっても大きく異なる。)

 

ペット保険の相場は年間3万円程度といわれています。

 

ペット保険の仕組みと医療費の相場関連エントリー

ペット保険
ペット保険に入っていない方はイザという時に大変な出費を用意しておかなければなりません。毎月ペット保険の掛け金を支払うのとどちらがお得でしょうか。
ペット保険の選びかた
ペット保険の必要性を考える。ここではペット保険の制度変更や支払い時のタイプなどペット保険の選び方をご説明します。
アイペットのうちの子ライト
アイペットの新保険は月々990円から。手術治療費も90%を保証。ペット保険選びでお悩みの方は必見です。
アニコムのペット保険
アニコムのペット保険は対応動物病院の場合窓口での精算時に50%・70%・90%保障、自己負担はその差額を支払うというのが特徴です。アニコムのペット保険の特徴と保障内容、申し込み方法をご紹介しています。
ペット保険 PRISM
日本アニマル倶楽部のペット保険 PRISMの特徴は、治療費を実費で保証してくれる、年齢に関わらず保険料は一定、4つのプランから選べます。

Ads by Sitemix